2018/10/16 火曜日

反応・モノ

column — 長尾 @ 16:39:42

世の中の人が反応するのは、

新しいモノではなく、

既存のモノから少しスライドした

「ちょっと新しいモノ」である。

売り場に立ってみて

お客さんを観察してみると、

確かに、ちょっと新しいモノがよく売れていた。

たまに仕事場から外に出てみると

色々と気づいて勉強になります。

2018/10/9 火曜日

実感・アート

column — 長尾 @ 10:41:04

暮らしの中のアート展、無事に終えることが出来ました。

予定外の延期にも関わらず、昨日も多くの方にお越し頂きました。 

そして今回も色んな方々に助けられました。

日頃からお世話になっている事を、実感として気付けた事が、

この企画をやって良かった事だと思いました。

本当にありがとうございました。

art1072.jpg

2018/10/7 日曜日

10月8日まで延期します。

column — 長尾 @ 7:11:22

「暮らしの中のアート展」は

10/7(日)までの開催予定でしたが

8日(祝)

まで延期することになりました。

 

 

7日、8日はアップルパイの販売もあります

 

よろしくお願い致します。

art1071.jpg

2018/10/5 金曜日

台風接近の為・10/6はお休みします

column — 長尾 @ 17:31:15

またまた台風接近の為、

明日10/6(土)「暮らしの中のアート展」も

臨時休業とさせていただきます。

そして当初10/7(日)までの開催予定でしたが

8日(祝)

まで延期することになりました。

7日、8日はアップルパイの販売はもあります。 

よろしくお願い致します。

 

 

2018/10/1 月曜日

初日・ありがとう

column — 長尾 @ 10:57:42

暮らしの中のアート展は、

無事に初日を迎える事が出来ました。

思った以上に多くの方が、

足下が悪い中にも関わらずお越しくださいました。

アップルパイも完売 しましたし、

さっそく絵も数点購入して頂きました。

本当にありがとうございます。

昨日は台風のため、

大事をとってお休みしましたが、

慣れない事をして、疲れも溜まっていたので、

良い休日となりました。

イベントは10/7まで続きます。

10/3(水)はbowlの定休日です。

お間違いのないように。

引き続きよろしくお願い致します。

art55.jpg

2018/9/25 火曜日

きっかけの・アート

column — 長尾 @ 13:21:12

いよいよ今週末の29日(土)から、

有田町にあるbowlさんで、

暮らしの中のアート展」を開催致します。

先週は色々なお店にDMを置かせてもらうために

あちらこちらのお店にお伺いしていました。

快くご協力頂いたお店の皆さん、

ありがとうございます。

+

さて、なぜ「暮らしの中のアート展」を

bowlさんで開催する運びになったかを今回はお話します。

art11.jpg

3年前に僕の父親が突然他界し、

父の膨大なコレクションであった

絵画や本の整理を僕がする事になったのです。

+

数日かけて、価値があるモノだけを探し出し、目ぼしい作品を アートギャラリーの査定に出しましたが、結果は、著名な作家の作品でも思ったより低い評価だったので、それだったら自分で売ってみようと思ったのです。

+

ギャラリーを借りて個展の様に売っても面白くはないし、

どうしようかと考えていた所に、

今年の4月、bowlさんのプレオープンに呼ばれた際、

センスの良い商品選び、店のレイアウトに感動し、

この空間で販売させてもらったら面白いかも?と思い、

さっそく店長のタカツカさんに相談したのです。

+

タカツカさんは、波佐見町の「HANAわくすい」時代からの知り合いで、前々からそのセンスの良さは知っていたので、是非彼女に、父のコレクションを見てもらい、タカツカさんがbowlで取り扱ってみたい作品を選び、彼女のセンスで展示してもらえればと思ったわけです。

+

そして、bowlでの企画展を承諾してもらい、

数ある父親のコレクションの中から、

タカツカさんが面白いと選んだ作品が、

現代美術作家の岡田 露愁(オカダロシュウ)のシルクスクリーンだったのです。

art77.jpg

岡田 露愁という作家さんは、70年代から活躍している現代美術家で、油彩、版画、ドローイング、オブジェ、陶器、デザインワーク、建築デザインなど幅広いジャンルで作家活動をしています。

今回展示販売する作品は、88年に制作した木版とシルクスクリーンを併用した大判作品である「BLUMEN」シリーズの5点。

そして、90年に制作したシルクスクリーン「ANIMAL FARM」シリーズの11点です。

2シリーズとも、実際は木製のオリジナルケースに収められており、シートのみで額装はされていなかったので、タカツカさんの監修のもと、無垢のブナ材を使ったフレームをオリジナルで制作しました。

この作品を収めていたケースも作家がオリジナルで作った個性的なものなので、こちらも一緒に展示する予定です。

+

今週末は、bowlのセレクトした上質な日用品と一緒に、

岡田露愁の大胆な構図とユニークな世界観が描かれた作品をお楽しみ下さい。

2018/9/19 水曜日

アルプ・エッチング

column — 長尾 @ 11:19:00

相変わらず、忙しい日々を過ごしております。

9月はもう、半分も過ぎてしまったのだと気づき、

ちょっと不安になりましたが、

やる事が無い不安よりマシだと自分に言い聞かせ、

なんとか前に進んでおります。

+

さて、父親が遺したアートコレクションですが、

お陰様でピカソ、ミロ、

浜田知明、駒井哲郎、香月康男の作品は

嫁ぎ先が決まりました。

ご購入頂いた皆様、 ありがとうございます。

素敵な空間に飾って頂ければと思っております。

+

今回ご紹介する作品は、少しマニアックなので、

ご存知の方は少ないかもしれません。

ダダを代表する抽象画家、彫刻家であり詩人の

ジャン(ハンス)・アルプの

オリジナル・エッチング詞画集 Verse Blanc Infini です。

arp7.jpg

+

arp5.jpg

+

arp8.jpg

+

arp3.jpg

詩画集なので本の奥付にサインとED315と記されています。

エッチング独特の雰囲気が素敵な作品です。

海外でも人気な作家です。

こちらもヤフオクに出品しています。

興味のある方は検索してみてください。

2018/9/1 土曜日

9月・ピカソ

column — 長尾 @ 23:31:05

忙しい8月が終わり、

待ちに待った9月がやってきました。

今月こそは自分発信の企画を進めたいと思っています。

依頼された仕事に応えるより、

自分から生み出す仕事の難しさを痛感しておりますが、

面白がりながら、やってゆきたいと思っております。

+

さて、父親が残したアート・コレクション、

今回はピカソ!です。

piccaso9.jpg

+

piccaso4.jpg

ギリシャの劇作家アリストファネスの戯曲「リシストラータ」を、ピカソの友人ジルベール・セルドが英訳し、ピカソが6枚のエッチング を付した作品。
アメリカの出版社リミティッド・エディション・クラブ社の挿絵本です。

サインとエディションナンバーも入っています。

piccaso10.jpg

+

piccaso11.jpg

入手困難な本みたいで、海外のオークションサイトでも同じ本が取り扱われています。

まぁしかし・・・僕が持っているには手に余るので、

こちらもヤフーオークションに出品しております。

興味がある方は検索してみてください。

ちなみに、オークションで手に入ったお金は、

父親の育った生家の取り壊し費用になる予定です。

空き家は僕の実家でも深刻な問題なんですよね。

2018/8/20 月曜日

いつもなら・大丈夫

column — 長尾 @ 9:55:42

例年に比べ、忙しい八月を過ごしております。

いつもなら八月は依頼の数が減って、

忙しくはないのに、冷たいモノを飲み過ぎ

夏バテしているという最悪な状況なのですが、

御陰さまで、今年は大丈夫のようです。

よく働き、やく食べ、やく寝る、

そして規則的に運動する日々を心がけております。

皆様も夏バテしないよう、ご自愛ください。

さぁ、今週もはじまりました。

baker1731.jpg

2018/7/28 土曜日

ミロ・貴重本

column — 長尾 @ 22:21:31

前回に引き続き、父親がコレクションしていた貴重本、

今回はジョアン・ミロです。

miro1.jpg

ジョアン・ミロ.の挿画本

「地獄の刑罰あるいは ニューヘブリデス諸島/1974」
les Nouvelles Hebrides /1974

出版社:Maeght。

オリジナルの朱色の布地カバー・ボックスに入ったオリジナル・リトグラフの入った挿画本です。

miro2.jpg

+

miro3.jpg

+

miro4.jpg

+

miro5.jpg

+

miro6.jpg

+

miro9.jpg

+

miro7.jpg

リトグラフならではの発色の美しい本です。

この本は、父が生きていた頃から所有していた事は知っていました。学生の頃、父がいない時にこっそり部屋に入り発見した際、一緒に入っていた領収書の額にビックリしたのを覚えております。

ちなみに、父の高価なアートコレクションは、母は全く知らなかったみたいです・・・。

こちらも僕が持っているには手が余るという事で、今回ヤフオクに出品する事にしました。

興味がある方は探してみて下さい。

次のページ » 


ユキヒラ・モノデザイン事務所
843-0151 佐賀県武雄市若木町大字川古8373番地
電話:0954-26-2279


© 2007- Yukihira mono design



ケイタイからも www.yukihira.jp で見れますヨ